MENU

事業内容・技術 | 株式会社山陽レジン

  • HOME
  • 事業内容・技術
  • コンクリート補強工事

事業内容・技術

コンクリート補強工事

コンクリート補強工事

補強工事のひとつである各種繊維シートライニングは主として、コンクリート構造物の劣化・その他の原因によって起こる耐荷性や剛性などの力学的な性能低下の回復または、向上を目的とします。

アラミド繊維シート工法(繊維シート巻立て工法)

アラミド繊維シート工法(繊維シート巻立て工法)

炭素繊維シートに代わる、低コストで汎用性の高い新工法として実績を伸ばしています。本工法は、通常一方向で使用するだけではなく、縦横(二方向)に編み込んだシートを使用することにより、工程短縮、コスト削減を可能にした繊維シート工法です。

写真は、アラミド繊維シート工法(繊維シート巻立て工法)による施工状況

SRF工法(高延性補強材巻立て工法)

SRF工法(高延性補強材巻立て工法)

SRF工法は、柔らかく延びのある繊維シートやベルトを、柱や壁などに接着剤で貼付けたり巻きつけて補強する方法です。
全工程がすべて軽作業で施工できるため、狭隘な施工場所においても適用可能です。

写真は、SRF(高延性補強繊維材巻立て)工法による施工状況